マグマウィニー

サンプルレシピ(2004年夏道仕様)
ポケモン16枚
M団のグラードン(st)4枚
M団のザングース(ex1)4枚
M団のヤジロン(ex1)2枚
M団のネンドール(ex1)3枚
M団のドンメル(st)1枚
M団のバクーダ(st)2枚

トレーナー26枚
地底探検隊4枚
ダイゴのアドバイス3枚
TVレポーター2枚
M団の男2枚
M団の女2枚
ハギ老人の思いやり2枚
M団のモンスターボール2枚
バトルサーチャー3枚
マツブサ2枚
ワープポイント2枚
砂漠の遺跡2枚

エネルギー18枚
闘エネルギー4枚
超エネルギー2枚
レインボーエネルギー4枚
悪エネルギー4枚
マグマエネルギー4枚
歴史
2004年春道で登場、2004年夏道ではマンダに続きメタの中心になる。
かなり安定している。
コンセプト
理想的な回り方
序盤にザングースやM女等でポケモンを揃える。
その後、Mグラードンに悪エネを貼って攻撃。
ダメカンが溜まったらMネンドのスイッチ→ハギ老人で無効化。
落ちたエネはMバグーダによって回収→スイッチで活用。
M男等で落としたり、落とされたポケモンはマツブサで復活。
更にMグラードンで攻撃を続ける

ポケモン
Mグラードン、Mザングは必須カードなので4積。
Mグラードンはフィニッシャー、パワーセーバーもM団系トレーナーやMザングで簡単に解除される。
EXで無い種が悪エネによって80Dを出せるのは強力。
Mザングは展開用だが、無色弱点のポケモンはこの環境でかなり居るので攻撃用でもある。
MネンドやMバグーダが2:3や1:2といったラインになっているのはマツブサで出せる為。
大抵の場合、Mネンドは2:3、Mバグーダが1:2程度で構成されている。

トレーナー
探検隊、ダイゴに関しては普通に優秀なドロソなので採用
M団系トレーナーはマグマに入れれば本来の力を発揮する為、大量に積まれている。
ハギ老人→スイッチのコンボを実現する為、大抵2枚程投入されている。
マツブサは落としたり、落とされたりしたポケモンを復帰させる為、投入。
バトルサーチャーだがマツブサやハギ老人をより多く使いたいので投入。
ワーポは普通に入れ替え用、代わりに入れ替えが採用されている事もある。
砂漠の遺跡はスタジアム破壊&EX対策。

エネルギー
虹エネは色事故を減らす為、投入。
悪エネによって技の威力を向上させる。
マグマエネは奇襲用。
また、虹エネや悪エネはMネンドが特殊エネを移動出来る為、有効に使える。
対策
Mグラドンを落とせるドルがよい。
また、ハギ老人を使う余裕を与えない為に高出力なポケモンを投入しておきたい。