流星ケッキン

サンプルレシピ(2004年夏道仕様)
ポケモン20枚
ナマケロ(PCG1)3枚
ヤルキモノ(ADV1)2枚
ケッキング(ADV1)3枚
ラルトス(st)2枚
キルリア(st)1枚
サーナイト(ADV1)2枚
ポッポ(st)2枚
ピジョン(st)1枚
ピジョット(PCG1)2枚
ジラーチ(PCG2)2枚

トレーナー22枚
ダイゴのアドバイス4枚
地底探検隊4枚
ニシキのネットワーク2枚
不思議な飴4枚
ワープポイント3枚
スーパーボール3枚
流星の滝2枚

エネルギー18枚
超エネルギー12枚
ブーストエネルギー4枚
ワープエネルギー2枚
歴史
2004年夏、流星の滝が登場したことによって、ADV1ケッキンが再びメタ内に。
2004年夏の環境ではカメレアコやデオグロス等、PPLで止まるデッキが多い、そしてマンダが無色弱点であった為、更に有力になった。
コンセプト
理想的な回り方
ピジョットを立て、場を展開。
サナで加速し、ケッキンで殴る。
シェイド、ブーストで破滅の一撃が発射出来る等、効率がよい。

ポケモン
ケッキンラインは大抵3:2:3程度で積まれている。
ピジョット、サナは2:1:2で投入した。
今回のサンプルレシピではサナを採用したが、バシャやグロスを加速源とする場合もある。

トレーナー
探検隊、ダイゴは4積。
2進化が3体なので飴を4枚投入した。
ワーポが多いのはケッキンを速やかに入れ替える為。

エネルギー
ブーストの4積は、ケッキンに使う以外に、サナで殴る場合等、ブーストを多用する為。
ワープエネの投入だが、ワーポと同じくケッキンを入れ替える為。
対策
ケッキンはPPLだが、加速源にサナ等を採用し、ピジョットで回す場合が多いので此方がケッキンでPPLを仕掛けた場合、逆に相手が止まる場合がある。
マンダを使う場合、2004年秋の環境であれば、ギドラで弱点対策をするとよい。
紅蓮の炎によってケッキンが一撃で落ちる等、夏とは逆に此方側が有利になる可能性がある。