デオグロス

サンプルレシピ(2004年夏道仕様)
ポケモン20枚
ダンバル(ADV4)4枚
メタング(st)3枚
メタグロス(PCG2)4枚
デオキシスex(アタックフォルム)2枚
デオキシスex(ノーマルフォルム)1枚
エネコ(ADV1)2枚
エネコロロ(ADV1)2枚
ジラーチ(PCG2)2枚

トレーナー22枚
地底探検隊4枚
預言者3枚
マサキのメンテナンス3枚
モノマネ娘2枚
不思議な飴3枚
ワープポイント2枚
スーパーボール2枚
古代塚2枚
町のボランティア1枚

エネルギー18枚
超エネルギー14枚
鋼エネルギー4枚
歴史
2004年夏道で登場、まずまずの勢力となる。
勢力が伸びるかどうかは今後のメタ次第。
コンセプト
理想的な回り方
序盤にジラーチやコロロで展開。
その後、グロスで加速し、デオexで殴る。
落としたエネは再びグロスで回収する。
グロス自体で殴ってもよい。

ポケモン
コロロのラインは大抵の場合2:2程度。
グロスのラインは4:3:4が妥当、エネ移動用にスタタのグロスが1積されることもある。

トレーナー
預言者の3積はコロロと相性が良い為。
マサメンが採用されているが、これは手札に来たデオexを山札に復帰させることが出来るので投入。
その他のドロソは探検隊やモノマネを採用。
古代塚をスタジアム破壊用として投入。

エネルギー
鋼エネはグロスの進化前に有効なので採用。
しかし、進化後はあまり意味がない。
対策
デオexがHP110なので砂漠遺跡を設置すれば落としやすい。
また、PPLでかなり止まるのでケッキンが有効。