ヌケニンゲンガー

サンプルレシピ(2003年夏道仕様)
ポケモン18枚
ゴース(e5)4枚
ゴースト(e1)4枚
ゲンガー(e1)4枚
ツチニン(ADV3)3枚
ヌケニン(ADV3)2枚
テッカニン(ADV3)1枚

トレーナー26枚
地底探検隊4枚
オーキド博士の研究4枚
ウツギ博士の育て方2枚
預言者2枚
砂漠のシャーマン2枚
町のボランティア2枚
爪の化石4枚
ワープポイント3枚
デュアルボール2枚
水晶の欠片1枚

エネルギー16枚
超エネルギー10枚
レインボーエネルギー4枚
ワープエネルギー2枚
歴史
2003年夏、化石積ゲソと並びメタ内に。
2003年夏の環境では強力なEXでない種が居なかった為、ヌケニンは強力であった。
しかし、2004年夏にはマグマがメタ内に入り、ヌケニンが落とされやすくなった為、ゲソはマグマ対策を強いられた。
コンセプト
理想的な回り方
ゲソとヌケニンを育成する。
そして闇に隠れる→ヌケニンを連発し、EX等を封じる。

ポケモン
ゲソラインは4:4:4で投入。
ヌケニンラインにテッカが投入されているのはヌケニンを呼び出す為。

トレーナー
化石が4積されているのはヌケニンで防ぎきれない場合に闇に隠れる→化石で攻撃する為。
町ボラはヌケニン回収用、長期戦の場合には山を回復出来るので便利。
水晶はレック対策。

エネルギー
虹エネはムーブで動かすダメカンを作る為、投入。
ワープエネはヌケニンをベンチに戻す場合に使用する。
対策
やはりマグマを使うのがよい。
Mグラードンはヌケニンを落とすことが可能なのでヌケニンで止まることはない。
更にゲソは低出力なのでMグラードンにダメカンが溜まれば、ハギ老人で回収出来るので問題ない。