イールドナッシー

サンプルレシピ(殿堂制限有)
ポケモン11枚
タマタマ(e3,超)4枚
ナッシー(e3,草)3枚
アンノーンY(neo1)4枚

トレーナー31枚
オーキド博士の研究4枚
ウツギ博士4枚
突風4枚(殿堂1×4)
スピードボール4枚
モノマネ娘3枚
ポケモン大好きクラブ2枚
町のボランティア3枚
デュアルボール2枚
ワープポイント2枚
ぼんぐりの森2枚
ポケモン入れ替え1枚

エネルギー18枚
超エネルギー18枚
歴史
2002年後半で登場、一部の地域でメタの中心となる。
だが、旧裏の同名カードは2枚までというレギュレーションが出来た為、衰退。
旧裏が禁止になり、環境から退くこととなった。
コンセプト
理想的な回り方
デュアルボールや大好きクラブでタマタマ、アンノーンを呼び出しイールドで加速。
その後スピードボール、進化ポケモンはナッシーだけなので力を発揮する。
そしてアンノーンで加速したエネをナッシーで大量にトラッシュ、高出力を出す。
落としたエネは町ボラで回収→イールドで加速。
更にエネを大量にトラッシュして攻める。

ポケモン
ナッシーのラインは4:3の場合が多い。
アンノーンは必須カードなので4積。

トレーナー
キド研やウツギ等の定番カードは勿論投入。
やはり高出力のデッキなので突風は3枚以上積まれていることが多い。
大好きクラブやデュアボ等はアンノーンを大量に出す為に投入。
スピボもナッシーがサイド落ちしなければほぼ確実にナッシーを呼び出せる。
町ボラはトラッシュしたエネの回収用。

エネルギー
イールドを活用する為にエネは超エネだけとなっている。
対策
HP40のアンノーンはピチュー(neo1)で壊滅的状態になる。