た行

ダウジ(カード名)
「ダウジングマシーン」の略。
旧裏の環境では「パソコン通信」と同じく、採用されることが多かった。
あるポケモンをメインにそれ以外がサポートに回るデッキのこと。
旧裏ではピィ等のベイビィポケモンが積まれ、最近ではノコッチ、ジラーチ等が積まれる場合が多い。
「カメックス単」「サーナイト単」等が有名。
チテタン(カード名)
「地底探検隊」の略。
e時代から有力ドロソとして多くのデッキに使われ、2004年夏の環境でも、使われている。
超リム(カード名)
「超エネルギーリムーブ」の略。
No water等、リサイクルエネルギーを積んだデッキで採用されることが多い。
だが、効果変更後はあまり使われていない。
テッカ(カード名)
「テッカニン」の略。
テッカニン(ADV3)はヌケニン呼び出し用として、テッカニン(PCG2)は速攻用として使われた。
殿堂(ルール名)
旧裏の一部のカードに付けられた。
殿堂は1〜4まであり、殿堂4制限とされた。
ドル(カード名)
「ユレイドル」の略。
2004年夏道でユレイドル(ADV2)がメタ内に入った。
ドロー(対戦用語)
山札からカードを引くこと。
ドローソース
カードを引くカードのこと。
更に略すと、「ドロソ」となる。
ドローソースを積まなければデッキは回らない。
突風(カード名)
旧裏時代に多く使われたカード。
効果は「ポケモンリバース」と似ているが、コイン判定が無い。
強力だったので、殿堂1が付けられた。
トップに戻る