タマゴ解説
タマゴについて
ファイアレッド・リーフグリーンの4の島の育て屋やルビー・サファイア・エメラルドの117番道路の育て屋にポケモンを預けることで、ポケモンのタマゴが発見される場合があります。
タマゴの利点として、「ルリリ、ソーナノなど野生では絶対に出てこないポケモンが手に入る」、「野生では覚えることができない遺伝技を覚えさせることが出来る」、「固体値を遺伝させることにより能力の高いポケモンを手に入れやすい」などが挙げられます。
タマゴグループとは
どんな組み合わせでポケモンを預けてもタマゴが見つかるという訳ではありません。
しかし、必ず同種類のポケモンでなければならないというわけでもありません。
タマゴが発見されるポケモン同士のグループ分けが決められており、それは以下のようになります。

タマゴ未発見・植物・虫・飛行・人型・鉱物 怪獣・妖精・ドラゴン・不定形・陸上・水中(1)・水中(2)・水中(3)・性別不明・メタモン
タマゴグループ表(1〜100)
タマゴグループ表(101〜200)
タマゴグループ表(201〜300)
タマゴグループ表(301〜386)

基本的には同グループ内のポケモンの♂と♀を預けるとタマゴが発見されます。
ただし、以下のような例外があります。

・タマゴ未発見グループのポケモンはどのようなポケモンとの組み合わせでも、タマゴは発見されない。
・メタモンは他のグループのポケモンとタマゴを作ることが可能。
・メタモン同士ではタマゴは出来ない。
・性別不明グループのポケモンは、メタモンと組み合わせることでタマゴが発見される。
タマゴのできる確率
育て屋にポケモンを預け、一定の歩数移動するとタマゴができます。
タマゴができた場合、育て屋のおじいさんが1歩前に出ています。
また、同種のポケモンの場合や、IDが異なる場合にタマゴが早くできます。

タマゴのできやすさは育て屋のおじいさんに聞くことで分かります。
  ・「2ひきの なかは とっても よい ようじゃ」・・・高確率
  ・「2ひきの なかは まずまずの ようじゃ」・・・中確率
  ・「2ひきの なかは それほど よくないがなぁ」・・・低確率
  ・「2ひきは おたがいに ちがう ポケモンたちと あそんでおるがなぁ」・・・発見されない
タマゴの中身
タマゴの中身のポケモンは、♀の親の最も進化していない状態で生まれてきます(レベルは5)。
メタモンと預けた場合、もう一方のポケモンの最も進化していないポケモンのタマゴができます。

しかし、例外もあります。
  ・イルミーゼが親のとき、イルミーゼかバルビートのタマゴができる。
  ・ソーナンスが親のとき、どちらかの親がのんきのおこうを持っている場合、ソーナノのタマゴができる。(通常はソーナンス)
  ・ニドラン♀(ニドリーナ・ニドキング)が親のときニドラン♀かニドラン♂のタマゴができる。
  ・マリル(マリルリ)が親のとき、どちらかの親がうしおのおこうを持っている場合、ルリリのタマゴが発見される。(通常はマリル)
技の遺伝
♂の親ポケモンが覚えている技の一部をタマゴに遺伝させることができます。
次の条件に合った技に限りタマゴへと遺伝されます。
  ・レベルアップで覚える技(両親が覚えている場合のみ)
  ・技マシン及び秘伝マシンで覚えられる技
  ・遺伝によって覚えられる技(遺伝技)

エメラルド版の場合、ピチューのタマゴができる親の組み合わせのポケモンのどちらかがでんきだまを持っていれば、ボルテッカーを覚えたピチューのタマゴができます。
固体値及び性格の遺伝
個体値や性格の一部もタマゴへと受け継ぐことができます。(性格の遺伝はエメラルドのみ)
親ポケモンの♀またはメタモンにかわらずのいしを持たせると、50%の確立でタマゴと親の性格が同じになります。
遺伝しない場合、性格はランダムで決定されます。 また、両親合わせて12の個体値のうち、1〜3つを子に受け継ぎます。
トップに戻る